読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発に必要な力は二つしかない

最近開発をしてきて開発者に重要だと思うのは、

・問題を発見する力

・問題を解決する力

の二つだと思っている。

実際にコードが綺麗とか、技術が卓越している、というのは個人の手腕であり、

持ちうるスキルではあるのだけれど、

それは「問題を解決する際に使われる力」だ。

そして、これには「コミュニケーション力」や「交渉力」、

「論理的思考」や、「選択肢の中から成否を見据える力」も含まれている。

 

そして、これを行うためには「問題を発見する力」が欠かせない。

「何が問題なのか?」を考えずにこれらの力をふるうことはできない。

いかな高い技術力があっても、それを使う場所や使うべき場面が解らなければ何の意味もない。

 

要するに重要なのは「問題を発見し、解決する力」だ。

これが出来れば職場も個人の問題も、何でも解決できる。

そして、組織が強いのは沢山の眼があること、沢山の思考があること。

要するに重要な力は2つに分割することができる。 

 

勿論、「解決できない問題」も存在するし、「そもそも問題とは何か?」ということもある。

でも、解決できる問題を見つけて解決していけば前に進むことはできる。

そうすれば、視界は広がって、もっと大きな問題に出会える。

基本的に問題を解決することは楽しいことばかりだ。

学校のテストのように答えが用意されている訳ではないし、

その答えが正しかったかが分かるのが10年後だったりもするけれども。

 

そして、文句ばかり言う人たちは本当には問題を発見できていない。

問題を発見するには、不平不満を述べるのではなく、

手を動かし口を動かし、様々な事に耳を傾ける必要があるからだ。

だから、問題を見つけたら愚痴る前に何とかしてみようと自戒する。

さぁて、もうちょい頑張らないとねえ。