読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐れることなく設計を正せ

どんなに正しく設計をしたつもりでも、
どこかで必ず「これは設計を直した方がいいのじゃないか?」
と思うことがある。

そういうときに聳え立つ「既に書かれたソースたち」。
基本インターフェイスで対話していても
抜本的に手をいれなければならない事もある。


既に動作確認したモジュールよ、さようなら。


そういうときに、恐れを緩和し、バグを減らしてくれるのに活躍するのが
テストや、適切なアサート、あとはバグに対する心構え、なのかも。
などと思ったりして。
デバッグなどと同じで、影響度の切り分けができていれば、
この変更を行ったことで、どこがバグるのかある程度予想できたりもする。

なので、自分や周りを騙し騙しにするより、
正しい設計にただせるような姿勢でいたい。

まあ、たまに「あわー」ってなることもあるんですけど。