読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本装備と心得の本

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)


プロダクティブ・プログラマ読みました。
前半はツールや環境による生産性向上、
後半は心構えによる生産性向上の本、と感じます。
これは書籍の中でも明確にI部II部と分けられ、
I部では技法編(生産性向上の原理)
II部では実践編(生産性向上の哲学)
となっています。


基本的に「達人プログラマ」への道となっていますが、
これを読んで達人になれるわけではなく、
達人である人がどのようにしているか、をうかがい知ることができる、
みたいな感じだと思いました。


例えば、
マウスよりキーボード、という章があり、
マウスを使うよりもキーボードショートカットを使うようにする
というtipsがあります。


そのなかで、
IntelliJの、キーボードショートカットを使わないと
マウスでの操作を取り消し、
ショートカットを提示してそれを使うように要求してくるプラグイン
というものが登場して非常に考え方がユニークだと感じました。


ただ、このtipsが述べるように基本的に伝わるのは考え方や姿勢です。
このtips自体を読むことで達人になれるわけではなく、
tipsを実践したりすることで、あとは努力次第で達人に「なれるかもしれない」、
そんな本だと思います。

これを読むことで知らないツールに出会ったり、
考え方に出会ったりすることが多くの人にはできると思います。
達人になりたいと思っていて、
それを日々積み重ねることができる人にはとてもオススメの本になっていると感じました。