読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットで人型は弱いよなぁ

と、「ぼくらの」でも言及されていたけれど、
人型は攻撃に対する表面積が広すぎるので、戦闘に向かないというお話。


人間が重火器と戦うとき、
匍匐前進をするのも出来うる限り攻撃を食らう面積を防ぐためで、
わざわざ人型ロボットで匍匐前進するくらいなら、
蛇や団子虫みたいな形状で作った方が強そう。
衝撃に対応するのであれば、球というのも強いと思うのだけれど。


中世ヨーロッパでは普通の弓矢か弩くらいしかなかったので、
甲冑や盾で防いだけれど、結局は銃器の登場により「装甲板」で防御するという考え方は駆逐されてしまった。


なので、形状に自由がきく場合の「強いロボット」という事を考えたとき、
球形、ないしは腹ばい形状のものが強い、と思われるのだが、
ロボットアニメで巨大な球体に乗り込んで敵に体当たりするだけだったらつまらないので却下される。
「ロボットも見た目が九割」