読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

評価の時期到来そして終了

misc

生まれて初めてレビューシートなるものを記述して提出してみた。
やっぱり、評価っていうものは難しいなと(評価される側にして)思った。

少なくとも評価とは「評価される側も評価する側を評価する場」であり、
評価に対する合意をする際に
「評価をする側」は評価を述べつつ結果としてサラリーを提示するということに他ならないのに対し、

「評価をされる側」はその提示に対し何らかの反応を示すべきものと考えられる。
その瞬間に寄らず、ね。

いや、まぁ……この先考えることはたくさんある、ってことなのだろう。
少なくとも考えないでいることはできないので、
人生を天秤に見立てて考えざるを得ない、が正答なのかもしれないけれども。