RSSを配信していないサイト

 ちょっと気になって継続して読みたい、というサイトほどRSSを配信していなかったりする。
 それはそれで、RSSがないサイトをチェックしてRSS配信したりするサービスや、アンテナのようなサービスがあるので、それで捕獲すれば良いのだけれど、
 RSSを配信していない=「俺はRSSを配信してまで更新を通知したい(読んでもらいたい)と思っていませんよ」

 という暗黙のメッセージの気さえしてしまい、二の足を踏む。
 意思表明でも何でもない可能性が高いが、別途そういうサービスを使うのが気が引けるというか。

 で、結局手動にて読みに行くわけだけれど、そういうとき「更新されているか」「どこが更新されたのか」を割と丹念に観ている自分に気づく。更新されていないと「がっかり」する。

 逆にRSS配信をしているサイトは流し読みだ。
 RSSが未読1000件とかなっていると、その数を消化するためだけにとばし読みになることすらある。

 要するにRSS配信が一般化して情報の差分取得ができることによって、機械的に情報に触れるために、個々の文字情報を軽んじるようになってしまったなぁ、とか感じなくもない。

 昔は確かにサイトの巡回といえば、手動で気が向いたときに読みに行って、気になるサイトは朝ブックマークから飛んで、
 ここまでは読んだとか、考えていたのにRSSにお任せであると味気ない気がしてきた。

 でも、RSSリーダ使うけど。