ソフトタッチ・オペレーション(西澤保彦)

 

ソフトタッチ・オペレーション (講談社ノベルス)

ソフトタッチ・オペレーション (講談社ノベルス)


 久しぶりに西澤さんがでていたので即読み。
 チョーモンイン、短編集。
 メフィストからの収録が多い中で、表題作だけは書き下ろしなのでこれに言及。

 目が覚めたらなぜか不可解な部屋にいて、隣の部屋には美女が二人! どうするどうする。
 みたいなお話で、こういうシチュエーションのミステリは結構あるなかで「チョーモンイン(超能力問題対策委員会)」でどう解決するか、がキーかなという感じ。
 このシリーズをご存じの方には言うまでもなく「超能力があり」でかつまた「論理的に破綻しない」ことが前提なので、どうしてこうなったか? を考えるのは相変わらず面白い。

 パズラーでありながら、反則を交えずに不可解さを演出する手腕は相変わらずで、楽しく読むことができるだろう。
 ちょっとフェチティッシュで読んでいて恥ずかしくなる出来。

 シリーズストーリィとしては進んでないんだけども。