セミコロンの呪縛

 Pythonを書いていて思ったこと。「行末にセミコロンがないと落ち着かない」。目も手も。
 うーむ。要するに行末にセミコロンがある言語ばかりを使ってきたので、どうもリズムが違うというか、たったそれだけのことで落ち着かないという訳です。(Pythonを記述する上ではセミコロン自体はつけても問題はない)
 でも、いわゆるこの「行末はセミコロン」という記法は冗長な部類に入るわけで、余計なものをそぎ落とした結果がこの記法な訳で。
 できるだけ自然に見慣れてくる、手慣れてくる、ように頑張る次第です。
 しかし、久しぶりの新しい言語習得ということで記法を覚えるたびにワクワクテカテカしております。